プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. お客様の声一覧
  3. お客様の声 株式会社鳥人間 様

お客様の声 株式会社鳥人間 様

2014年03月

納期が確実で丁寧なサポート、基板カットなどの自由度が高い点が魅力。
サポートの指摘が無かったらもう1回やり直さなければならなかった。

久川 真吾 様 株式会社鳥人間 代表取締役社長 郷田 まり子 様 株式会社鳥人間 ユニークな製品を続々と生み出し続けている同社にこれまで開発した製品や今後の展開そして「P板.com」の魅力についてお聞きしました。

株式会社鳥人間 様のサイトはこちら

ハードウェアの開発を始めたきっかけを教えてください。

【久川様】創業する前はソフトウェアの会社に在籍してまして、主に携帯電話のシステムを開発していました。 2008年に創業したあともしばらくはソフトウェアやウェブサイトの開発がメインだったのですが、翌年からArduinoなどのオープンなハードウェアが登場し、 色々なことができそうだと思ってハードウェアの開発に取り組み始めました。
最初は簡単な電子工作から始めたのですが、次第にできることも増えてきまして、 興味を持ったものを次々と作っていきました。

初めて基板設計を行ったのはどんな作品ですか?

【久川様】当社では以前から、国際宇宙ステーション(ISS)の位置を調べられる「ToriSat」というサービスをウェブやアプリとして提供していたのですが、 これを活用して「飛行石」という装置を作ったのが最初ですね。
飛行石は、Arduinoの基板を使ってISSに向かってレーザービームを発射する装置です。 ToriSatで得たISSの位置に向けてサーボでモーターを動かすだけの簡単なものですが、この飛行石の動画は70万回以上も再生されて、 「感動した」という感想を数多くいただきました。
ディスプレイに映し出された映像を見るのではなく、ビームの先に宇宙ステーションを想像することで感動できるというのは、 やはりソフトウェアでは味わえない、ハードウェアならではの体験だと思います。

そのほかにどんな製品を開発しましたか?

【久川様】Arduinoの基板を、古い〝枡〞の器に入れたタイマーとか、ドアの鍵に取り付けてスマートフォンで開閉操作できるユニットなどを作りました。
また、Arduino互換の基板「Harpy」も開発して販売したこともあります。これを発売した2011年当時は、 Android端末を接続できるArduino基板はサイズも大きくて価格も3万円くらいしていたのですが、それだと気軽に開発できないので、 サイズを小さくしたHarpyを2,980円で販売したところ、多くのハッカーから反響がありました。
Arduinoを活用したものとしてはこのほかに、 DNA増幅器「NinjaPCR」という製品も開発しました。これはオープンソースとして公開されているものを改良した製品で、サイズも小型化して基板も当社で設計しました。 ペルチェ素子を利用して加熱して、温度を調節することで細胞分裂に似た状態を作り出すことによって、サンプル遺伝子を数万倍にコピーできます。
遺伝子の実験をする上では必ず必要になる装置で、これまでは40〜100万円もする高価なものが、NinjaPCRならコストを10分の1以下に抑えられます。 この製品はすでにパートナー企業と一緒に国内外で販売を開始しています。

P板.comの魅力についてお聞かせください。

【久川様】P板.comを最初に利用したのはメタルマスクを作ったときでした。その頃は基板の関する知識があまりなかったのですが、 サポートの方に丁寧にアドバイスをしていただきました。
基板そのものだけでなく、製造プロセスも含めて的確に問題点を指摘していただけたのがとても印象に残っていますね。 また、配線ミスのあるデータを送ったときに、「ここがつながっていません」という指摘を受けたこともあります。 その指摘が無かったら作業をもう1回やり直さなければならなかったところで、とても助かりました。
このようなアドバイスは海外の基板製造サービスでは言われたことがなかったので、 きちんと見ていただけるんだな、というのがわかりました。あと、納期が確実なことや、基板の曲線カットなど自由度が高い点、日本語によるサポートなども魅力ですね。

今後の展望をお聞かせください。

【久川様】当社の強みはハードウェアとソフトウェアの橋渡しができる点です。今はインターネット上にオープンソースのハードがたくさん公開されているし、 レーザーカッターや3Dプリンタも使えるので、低コストでモノを作る環境が整っています。
ウェブやアプリでサービスを作ってもすぐにコピーされてしまいますが、 ハードとの連携となると敷居は高いので、この強みを活かして、受託の仕事だけでなく自社製品の開発などにも力を入れていきたいですね。
ビジネスのニーズはさまざまな分野にいくらでも転がっているので、それを掘り起こす手伝いをしていきたいと思っています。

大変お忙しい中貴重なお話を頂戴しまして、有難うございました。

久川 真吾 様 / 郷田 まり子 様にご利用いただいたサービス