プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. CADLUS X
  3. 回路設計CAD CADLUS Circuit

回路設計CAD CADLUS Circuit

428点の部品シンボルが使え、CADLUS X と連携も可能。
手書きでの回路図作成からCADでの回路設計へ簡単に移行できます。

機能一覧

  • 部品シンボル428点
    インストール後、すぐに428点の部品シンボルが利用可能です。読み込みもスムーズで回路設計時間を短縮できます。
  • A3、A4、A5サイズで印刷可能
    3つの用紙サイズに対応したプリント機能。回路図の大きさに合わせて自由に印刷できます。
  • CADLUS Xと連携
    「CADLUS X」へ接続情報のネットリスト引継ぎが可能!配線ミスを防いで基板設計ができます。
    パターン設計CAD CADLUS X
  • 親切&丁寧なメールサポート
    操作やシステム面でお悩みの際は、support_pcom@cadlus.com までお気軽にお問い合わせください。
    なお、お問い合わせいただく前に、CADLUS Circuitマニュアル(CADLUS Circuitを起動し、メニューバー「マニュアル」-「CADサーキットマニュアル」をクリック)と、「CADLUSシリーズのよくある質問」をご参照ください。
  • CADLUS Circuitバージョン情報
    ダウンロード方法は、プログラム本体・ZIP形式「cadlus_circuit.zip」をダウンロードし、setup.exeをクリックします。
    「コンポーネントの選択」では「アップデート・インストール」を選んでくさい。
    バージョン情報

CADLUS Circuit バージョン情報

CADLUS Circuit のバージョンアップは、プログラム本体・ZIP形式「cadlus_circuit.zip」をダウンロードし、setup.exeをクリックします。
「コンポーネントの選択」では「アップデート・インストール」を選んでください。
ダウンロードはこちらからお願いいたします。

CADLUS Circuit V5.1.8(2016/08/24 リリース)
  • ネット出力画面にて、よくあるエラー項目についてのPDFファイルを閲覧できる様にしました。
CADLUS Circuit V5.1.3(2013/10/23 リリース)
  • Ver5.1の不具合である、ピン番の無い部品を開くとダウンする不具合を修正しました。
  • 回路図データの自動バックアップする様にしました。
    メニュバー「ファイル」で「タイムアウト時間」で設定した時間間隔で、インストールフォルダの¥BACKに¥DRWに回路図データを、¥LIBに部品ライブラリのバックアップされます。
CADLUS Circuit Ver.5.1.2(2013/10/10 リリース)
  • Ver5.1の不具合である、ピン番の無い部品を開くとダウンする不具合を修正しました。
  • 回路図データの自動バックアップする様にしました。
    メニュバー「ファイル」で「タイムアウト時間」で設定した時間間隔で、インストールフォルダの¥BACKに¥DRWに回路図データを、¥LIBに部品ライブラリのバックアップされます。
CADLUS Circuit Ver.5.1(2013/08/07 リリース)
  • 回路図データがCADLUSサーキットのインストールフォルダでは無く任意のフォルダ内であっても、ネット出力やチェックが出来る様にしました。
CADLUS Circuit Ver.5.0(2011/11/22 リリース)
  • 図面枠にA2サイズを対応しました。
  • データ保存処理、ネット出力処理、データチェック処理の処理時間を短縮しました。
  • メンターネット出力、テレシスネット出力を追加しました。
  • 縦文字拡大時の不具合を修正しました。
  • 部品参照名が重複して配置される事がある不具合を修正しました。
  • アンテナ線の自動削除を追加しました。(削除メッセージが表示されます)
CADLUS Circuit Ver.4.4(2010/05/31 リリース)
【全体】
  • ピン名やピン番が無いまま部品登録をしようとした時はエラーメッセージを出す様にしました。
  • LIB部品データの印刷項目に部品の図形名(パターンデータ)も出力する様にしました。
  • ページ間コピー後の移動時に発生する表示不具合を修正しました。
  • 部品端子を通過する配線のネットが出力されない不具合を修正しました。
CADLUS Circuit Ver.4.33(2009/10/27 リリース)
  • バックアノテーション機能を追加しました。CADLUS Oneまたは、CADLUS Xで設計完了した状態の参照名変更、ピン番変更ファイルより、回路図を更新します。(xxxx.REFとxxxx.SWP)
CADLUS Circuit Ver.4.2(2009/03/03 リリース)
  • バス配線チェック時に異常終了する不具合を修正しました。
  • ネット出力が起動しない不具合を修正しました。
CADLUS Circuit Ver.4.1(2008/07/30 リリース)
  • 回路図入力CADLUS DesignをCADLUS サーキットと名称を変更しました。
  • 電源部品コピー時に参照名が異常表示される不具合を修正しました。
  • 部品回転時に端子表示が異常表示される不具合を修正しました。
CADLUS Design Ver.4.02(2008/01/31 リリース)
  • 回路図を30枚まで扱えるようにしました。
  • 部品名を50文字、参照名を16文字、信号名を30文字まで扱えるようにしました。
  • 全ページを連続印刷できるようにしました。
  • 部品ライブラリの一覧表を出力するようにしました。
  • 部品配置時に参照名を入力できるようにしました。
  • コメント文字のフォントを指定できるようにしました。
CADLUS Design Ver.2.8(2007/07/19 リリース)
  • ネットチェックをネット出力処理から分離し、個別に起動できるようにしました。
  • ネット出力時間を短縮しました。
  • ネットリストの印刷ができるようにしました。
  • 拡大縮小機能を追加しました。
  • 旧版Ver2.3のデータリードに対応しました。
CADLUS Design Ver.2.7(2007/02/06 リリース)
  • 回路図データの圧縮保存を改良しました。
CADLUS Design Ver.2.6(2006/03/31 リリース)
  • 複数枚回路図をレイヤーを使って作成した場合にもネット出力できるように修正しました。
CADLUS Design Ver.2.51(2006/03/03 リリース)
  • ライブラリ部品重なり異常を修正。
  • Ver2.5ではインストール時のみLIBを使用し以後はLIB#を使用していましたが、煩雑とのご指摘が多いためVer2.51ではインストール時および以後の使用時にもLIBを使用するように変更しました。
CADLUS Design Ver.2.5(2006/01/23 リリース)
  • 部品ライブラリ読込み時のバグを修正しました。
CADLUS Design Ver.2.4(2005/10/19 リリース)
  • 部品シンボルと回路図データを同一ファイル内に保存するように訂正しました。
CADLUS Design Ver.2.4(2005/09/16 リリース)
  • 累積した細かいバグを訂正しました。

お問い合わせ

CADLUSシリーズに関するご質問は、下記の連絡先にお問い合わせください。 CADLUSシリーズのよくある質問