プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. 一般CADのガーバー出力方法一覧
  3. ガーバーデータ出力方法 「Allegro」

ガーバーデータ出力方法
「Allegro」

P板.comでは、Allegro より出力したガーバーデータで数々の製造実績がありますので、出力したガーバーデータで安心してご発注いただけます。

Step 1ガーバーデータの出力

  1. メニューより、「Manufacture」 > 「Artwork」を選択し
  2. ArtworkControlフォームを表示します。
    「General Parameters」タブからRS274xを選択し、各種設定を決定します。
  3. このフォームを表示した時に設定されている、Etch Class(配線クラス)の全てのSubclass(各配線層)が自動的にフォーム左側のAvalable Filmにリストされますので、それ以外の出力したいClass/Subclass(マスクやシルクなど)をAvalable Film内で定義します。また、各Filmの詳細設定についてはフォーム右のFilm Optionで設定します。
  4. ガーバー出力したいFilm名のチェックボックスにチェックをし、「Create Artworkボタン」をクリックすると
    起動ディレクトリに Film名.art という名前のガーバーファイルを出力します。
    BOTTOM.art / TOP.art
    CreateArtwrok実行ログはphotoplot.logファイルに出力されます。

Step 2ドリルデータの出力

  1. 次にドリルリストの出力を行います。
    メニューより、「Manufacture」 > 「NC」 > 「NC Prameters」を選択すると
    ドリルパラメータフォームが表示されますので各パラメータを設定します。
  2. このフォームは「Manufacture」 > 「NC」 > 「NC Drill」で起動する「NCDrillフォーム」  > 「NC Parameters」からも設定できます。
    メニューより、「Manufacture」 > 「NC」 > 「NC Drill」を選択
  3. NC Drillフォームが表示されます。各種必要な設定を行い「Drillボタン」をクリックすると
    起動ディレクトリにdrill-x-x.drlという名前のドリルファイルを出力します。
    Drill-1-4.drl / Drill-1-3.drl
    CreateArtwrok実行ログはncdrill.logファイルに出力されます。