プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. 【部品実装サービス】
  3. メタルマスク製造

【部品実装サービス】メタルマスク製造

特徴・価格・納期

P板.comメタルマスク製造サービスでは、最新鋭のレーザー加工機による高精度高品質のメタルマスクをご提供しております。

メタルマスクとは?

表面実装部品をプリント基板実装する際、自動実装機械とよばれる装置を利用し、機械による自動実装を行います。この自動実装を行うために、プリント基板上にクリーム状の半田を印刷する必要があり、そのための印刷板をメタルマスクといいます。


価格・納期
  • マスク用ガーバーデータがある場合実働2日目出荷 29,800円(税別)
  • マスク用ガーバーデータがない場合実働3日目出荷 35,000円(税別)

※両面(二殖一版)は、上記金額に追加費用 5,000円(税別)です。
※二殖一版とは、マスク1枚に部品面・半田面が並ぶことです。
※両面(ニ版)は、2日コース59,600 円(税別)/3日コース70,000 円(税別)です。
※二版はマスクが2枚といたします。
※枠なしを希望する場合 メタルマスクデータ有無に関わらず、27,000円(税別)です。

メタルマスク精度

工法 YAGレーザー法
材質 ステンレスSUS材
板厚 0.1/0.12/0.15/0.20mm
開口公差 ±10μm
板厚精度 ±5μm
位置精度 基板サイズに対し±0.01%
サイズ 320×320/650×550mm
開口範囲 150×150/430×330mm
開口穴数 5,000穴まで
枠(高さ) アルミ枠(30.0mm)
スーパーファイン処理 対応可能

スーパーファイン処理とは

レーザー加工メタルマスクの開口壁面の凹凸を平滑にするための処理です。この加工を施すことにより、従来のメタルマスクと比較し、クリーム半田の抜け性が良くなり、版のニジミも低減され、印刷性が向上します(追加費用5,000円)。

スーパーファイン処理品と従来品の
精度比較表

  従来品 スーパーファイン処理品
算術平均高さ(Ra) 0.7472μm 0.4043μm
最大高さ(Ry) 7.4400μm 2.8100μm
+点平均粗さ(Rz) 4.4860μm 2.5060μm
凹凸の平均間隔(Sm) 58.7019μm 21.9039μm

メタルマスク製造サービスの流れ

  1. 【1】ご注文 注文手続に進む よりご希望のメタルマスク製造仕様を入力してください。
  2. 【2】データ支給 [注文]ボタンをクリック後に、下記の2つのデータを、info@p-ban.com まで、必ず部品面視でお送りください。マスク用ガーバーデータがない場合は、基板ガーバーデータ一式を添付してお送りください。
    なお、基板製造サービスをご利用いただいており、マスク用ガーバーデータをご登録済みの場合は必要ありません。
    • マスク用ガーバーデータ
      • ※SMD(表面実装部品)をプリント基板面に実装する際、クリーム半田を塗布する開口部デザインを行ったガーバーデータを指します。一般的なCADソフトから出力可能です。
    • 基板外形ガーバーデータ
      • ※自動印刷機にて印刷作業を行う際、印刷機のライン制御の位置決めに使用します。
  3. 【3】注文請書発行~メタルマスク製造 データ確認後に、メールにて注文請書を送信した後、メタルマスクの製造を開始いたします。
  4. 【4】ご納品