プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. プレスリリース
  3. ガイガーカウンター「PiPi」発売のお知らせ

ガイガーカウンター「PiPi」発売のお知らせ

2011年12月12日

株式会社インフロー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~500台を被災地公共機関へ無償配布~
ガイガーミュラー管搭載のGPS付き日本製ガイガーカウンターを発売!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 株式会社インフロー(本社:東京都千代田区五番町14、代表取締役:田坂 正樹、以下、インフロー)は、同社が運営するプリント基板のインターネット通信販売サイト「P板.com(ピーバンドットコム、http://www.p-ban.com)」にて、ガイガーミュラー管を搭載した本格的なガイガーカウンター(製品名:放射線カウンター「ピピ(PiPi)」以下、ピピ)を2011年12月15日より発売を開始します。販売価格は、税込 ¥26,250円です。
ピピの開発・販売は、インフローで進める震災復興支援活動の一環とし、利益を最小限に抑えた価格設定と、初回生産台数1,000台の内の500台を被災地の必要とされる各所(地方公共団体、学校など公共機関等に限る)へ無償配布することを予定しています。

【製品特徴】

 ピピの特徴は、下記の4点です。
1.放射線を検出するプローブにガイガーミュラー管を採用し、シリコンダイオードを利用した簡易線量計より高感度かつ安定的に測定ができます。
2.β線とγ線の両方を検出することができます。感度の高いβ線を検出する事で局所的に汚染が濃い場所の探索に用いたり、付属のアルミカバーを着けることでβ線を遮蔽して γ線のみを検出するようにして、簡易的な空間線量計としても使えます。
3.測定結果は、単なるマイクロシーベルト毎時値だけでなく、カウント数、計数率(cpm)、計数時間(秒)、統計誤差(%)を表示できるため、相対的な比較は信頼度高く行う事ができます。
4.GPS機能を装備しています。時刻・位置情報と線量情報を記録でき、測定器をパソコンに繋ぐことでパソコンの専用ページでマップとして情報共有が可能です。

【「放射線情報共有マッププロジェクト」を実施】
 本プロジェクトは、株式会社アクセルスペース(本社:東京都千代田区神田小川町二丁目3番13号 M&Cビル7階、代表取締役:中村 友哉、以下、アクセルスペース)とともに実施するものであり、ピピに搭載されたGPS機能により、利用者が各地域で測定した放射線データをインターネット上の「放射線情報共有マップ」にアップロードし、情報データベースとしての共有を推進するプロジェクトです。
    本プロジェクトにおいて、インフローは製品の開発・製造を行い、インターネット上での情報共有サイトの運用はアクセルスペースで行います。
    放射線情報共有マップは、以下の URL で公開しています。
http://www.axelspace.com/rism 

【公共機関等への無償配布】
ピピの無償配布先の決定は公募によるものとします。概要は以下の通りです。
<公募概要>
  公募期間:12月12日~期限なし(500個の無料配布先が全て決まり次第、終了とさせていただきます。)
    公募対象:被災地域の地方公共団体、学校などの公共機関。または、被災地域を支援する非営利団体等。個人の方は申請できません。
    応募条件:ピピを使用してなるべく広範囲の線量を定期的に計測し、計測結果をプロジェクトサーバーにアップロードし一般公開することに同意いただけること。
    応募に必要な情報:応募に当たっては、以下の情報が必要です。
        (1) 応募機関名(正式名称)
        (2) 代表者氏名
        (3) 申込担当者氏名
        (4) 郵便番号、住所
        (5) 電話番号
        (6) 担当者のメールアドレス
        (7) 複数台必要な場合は、その理由と必要な台数(広く配布するため、必ずしもご希望に沿えるとは限りませんので予めご了承ください)
        (8) 応募者が公共機関ではない場合には、以下のA, Bいずれかの資料を添付してください。
          A. 本プロジェクト参加に対する公共機関からの推薦状、またはそれに相当するもの
          B. これまでの被災地域に対する支援実績と、本製品を利用した今後の支援計画
    応募方法:上記の必要な情報をすべて含め、下記応募専用メールアドレス宛にお申し込みください。
    応募専用メールアドレス:free-geiger@p-ban.com
   
※すべての申請内容について審査を実施します。審査の結果、ご希望に沿えない場合もございますので予めご了承ください。なお、審査結果に関する質問や異議は受け付けません。
※無償配布が決定した場合、配布先としてウェブサイト等に掲載させていただくことがあります。
※公募期間内であっても、配布数が500台に到達した時点で無償配布の受付を停止します。
※無償配布対象500台のうち100台に関しては、福島県内の公共機関等に優先的に配布いたします。

【ガイガーカウンターの供給拡大と市場価格ダウンを目指す】
 インフローは、電子機器の根幹部品となるプリント基板を海外製造工場と連携しインターネット販売することで営業活動などに掛かる人的コストを最大限に還元させた格安価格で市場に提供しており、コスト面で海外勢に劣る日本のものづくり製造業の発展を推進しています。
 独自の「低コスト電子部品調達のノウハウ」を活かし、2011年3月11日に発生した東日本大震災後の原発問題の影響で調達困難とされるガイガーミュラー管単体での輸入販売と、ピピと同じガイガーミュラー管を使ったJ304ガイガーカウンターの制作キットの販売を9月より実施(約300台以上が納品済み)しました。

    自社でのガイガーカウンター開発・販売に留まらず、個人エンジニアの自主制作や電子機器メーカーへのガイガーカウンター開発活動を支援することで、震災後に同じく在庫不足となっているガイガーカウンターの供給数の増大と、誰もが気軽に買い求められるよう市場価格をよりリーズナブルな値へと下げることを狙います。
--------------------------------------------------------------------
※日経トレンディの8月号に紹介されたJ304ガイガーカウンター(試作品)記事
http://nkbp.jp/n3wCI6

【製品概要及びその他情報について】
www.p-ban.com/pipi

【製品監修】
独立行政法人理化学研究所 仁科加速器研究センター 
理学博士 和田 道治

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社インフロー P板.comマーケティングマネージャ:崔 熙元(ちぇ ひうぉん)
TEL:03-3261-3431 / FAX:03-3261-3432 / E-mail:info@p-ban.com
※記載された会社名、商品名はすべて商標または登録商標です。