プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. 【基板製造サービス】
  3. アルミ基板製造サービス

【プリント基板製造サービス】アルミ基板製造サービス

P板.comのアルミ基板は、ザグリ加工やソルダーレジスト面積の最小化により、抜群の放熱性を誇っています。さらにリジット基板同様『イニシャルコスト無料』 で高品質のアルミ基板を短納期でお届けいたします!
熱伝導率の高い無機フィラーを充填した絶縁接着層を用い、高い放熱性を実現!発熱量の大きな部品への大電流供給が可能となり、 高い放熱性により部品の動作信頼性を向上できます。また、LED基板対応として、経年劣化による色落ちの少ない白色レジストをご用意しております。

  • メリット1 ザグリ加工によりさらに放熱性をアップ
  • メリット2 特殊フレキシブル基板にも対応!
アルミ基板とは?
アルミ基板とは、放熱性・耐熱性・加工性・耐電圧性を強化したプリント基板です。 LED市場の拡大に伴って、放熱性・耐熱性に優れているアルミ基板の注目度も高くなっています。
アルミベース基板・アルミコア基板
アルミ、銅箔、絶縁接着層の厚みは調整可能です。
アルミ厚み:「1.5mm(標準)」、「0.8mm」、「1.0mm」、「1.6mm」、「2.0mm」、「3.0mm」
銅箔厚み:「35μ」、「70μ」
絶縁接着層厚み:「100μ」、「80μ」

メリット1ザグリ加工により、さらに放熱性をアップ!

P板.comのアルミ基板製造サービスでは、部分的にアルミを露出させ、筐体や熱伝導シートなどの外部へ直接放熱させる「ザグリ加工」ができます。より放熱性を高めたい基板におすすめです。

  • ※B. アルミコア基板でのご対応となります。

メリット2ソルダーレジスト面積を最小化させ、さらに放熱性をアップ!

P板.comのアルミ基板製造サービスでは、ソルダーレジスト面積を最小化する設計をおすすめしています。
プリント基板におけるソルダーレジスト液は、 実装時の半田を弾く目的、回路パターンを保護する目的で塗布されることが一般的ですが、レジストの主成分であるエポキシ樹脂の熱伝導率は0.2W/m・kしかなく、実は放熱性を悪くしてしまいます。 アルミ基板の本来の性能を引き出すには、ソルダーレジスト液を塗布する面積を最小限に抑え、絶縁接着層が露出する面積を広くする工夫が必要です。
さらに、放熱性を高める手段としては、回路のない余白部分にベタ銅箔を残し、ソルダーレジストは塗布しない設計にして、この部分に酸化防止の無電解金メッキなどの表面処理を施す方法があります。

詳しくはinfo@p-ban.comまで、お気軽にお問い合わせください。

ご利用方法

アルミベース基板は見積条件入力の基板種類「アルミ基板」をご選択ください。
アルミコア基板は、都度見積対応でお受け付けしております。下記見積シートをご利用ください。