プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. お客様の声一覧
  3. お客様の声 東京大学 大学院医学研究科 様

お客様の声 東京大学 大学院医学研究科 様

2010年8月

生命を支えるP板.comの基板

斎藤 逸郎 様 斎藤 逸郎 様 東京大学 大学院医学研究科 医用生体工学講座 生体機能制御学分野 東京大学で人工心臓の研究を続ける斎藤先生です。
人工心臓は第5世代目。第3世代までは蛇の目基板を使用していたが、電子部品の高機能小型化の流れから現在ではカスタムメイドのプリント配線板が入っている。
『生体に組み込まれる基板-とりわけ安定した動作を長時間要求される』
高品質が求められる状況に、P板.comの基板が採用されています。
東京大学 様のサイトはこちら

斎藤先生の研究内容についてご紹介をお願いします。

Biomedical engineering(医用生体工学)と呼ばれる医学と工学とを融合させた学問分野で、従来医師の経験や感覚に頼っていたり、不可能とされていた治療や診断を、機械(電子体温計、MRIなど)を使うことで、より緻密に、より効率良く行うための研究です。
以前はサーモグラフィーなどの研究も行っていましたが、現在の研究の中心は人工心臓になっています。人工心臓の研究自体は、アメリカで50年代に始まり、その1年後に東京大学でスタートしました。
人工心臓には大きく分けて2種類あります。東京大学 斎藤様 ひとつは『補助人工心臓』で、自分の心臓は残したまま、それを補助するための人工心臓です。
使用者は世界的に数千人位で、国内でも100人弱いらっしゃいます。現在の人工心臓をつけた患者さんの殆どはこの補助人工心臓を使用されています。

もうひとつの『完全人工心臓』は、補助人工心臓では助けることができない、重症の患者さんのための人工心臓で、自分の心臓を取り除き、完全に人工心臓のみで生命活動を支えることができます。

我々は、完全人工心臓の研究を続けていますが、完全人工心臓開発における大きな課題として、 『自分の心臓は状況に応じて脈が変わるが、人工心臓ではこれをどうやって制御する?』と言うものがあります。

人体のメカニズムは単純ではありませんから、状況に応じて自動的に脈を調整する人工心臓を作るのはとても大変なことです。

斎藤先生はなぜこの分野を研究されようとしたのでしょうか。

もともとは電気とかコンピューターが好きでした。
大学に入学し、たまたま人工心臓の電気周りを研究する人物と出会い、実験を手伝う機会がありました。
最初の実験で、いろいろと準備を積み重ね、実験に望んだのですが、たったの4時間で終了してしまいました。その中でいろいろな失敗を見つけ、同時にこういうテクノロジーがあることにとても驚きました。
そして、実験結果を元に改良することで、どんどん実験時間は伸ばすことができました。『もっとこの分野に自分の電気/制御関係の知識をいかしたい。』気がつくと、のめりこんでいましたね。(笑)

「人工心臓 = 生体内に埋め込む機械」を研究開発していく上で、特に形状 /回路などで工夫された点があれば、お聞かせいただけますか。

本体は、普通の心臓のように右心、左心と二つに分かれています。モーターで全身に血液を送りますが、その際に生じる熱をどう放熱させるかがポイントとなります。特に左心には大動脈血圧が掛かりますので、モーターも大きく、それに掛かる負荷も大きいです。

そこで、左心のモーター部を右心と左心の血液ポンプで挟み込んで発生した熱を、血液に逃がすよう工夫しました。
次に、モーターの温度制御とノイズをデジタル処理して制御する基板が必要となります。
しかも、モーターの側面に出来るだけ密着させたいので、単に板厚が薄い基板ではなく、フレキシブル基板しか選択肢がありませんでした。
これには、P板.comで作ったフレキシブル基板が搭載されています。

P板.comのご感想をお聞かせください。

やはり「イニシャル無料」と言うことと、「1枚から発注出来る」というのが便利だと思います。あとは主に大学の研究で使うので、面倒な経理処理にも柔軟に対応いただけるのが有難いですね。

品質について

問題の無い品質です。テスト用と言うわけではなく、実際の実験で使用するものを依頼しています。それを前提として、コストのメリットは大きいですね。そうそう、一度、設計でミスがあったときに確認の問合せをもらえて、そこがよかったですね。

P板.comへのご要望があればお聞かせください。

いつの間にか対応できる製造仕様や納期などの選択肢が広がっているのは、嬉しいですね。コストはそのままにそういうのをどんどん増やして欲しいです。

畏まりました!今後ともP板.comを宜しくお願い致します。

斎藤 逸郎 様にご利用いただいたサービス