プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. 一般CADのガーバー出力方法一覧
  3. ガーバーデータ出力方法 「CADVANCE」

ガーバーデータ出力方法
「CADVANCE」

P板.comでは、CADVANCE より出力したガーバーデータで数々の製造実績がありますので、 出力したガーバーデータで安心してご発注いただけます。

Step 1ガーバーデータ&ドリルデータの出力

  1. プログラムより、CADVANCE αⅢ-Design > ガーバー入出力 を起動してください。
  2. 各項目をそれぞれ入力してください。
    • 「機能」:フォト出力、ドリル出力を選択します。※フォト出力はレイヤー1つにつき1つ、ドリル出力は貫通穴のみであれば1つ設定します。
    • 「入力ファイル名」:フォト出力、ドリル出力するファイル名を選択します。一番上のみで問題ありません。(ここでは例として、TEST.pcpaという基板データを使用)
    • 「出力ファイル名」:フォト出力する各レイヤーごとのファイル名、ドリルデータのファイル名を指定します。
      • L1P : 部品面パターン
      • L2P : 半田面パターン
      • L1S : 部品面シルク
      • L1R : 部品面レジスト
    • 「レベル」:フォト出力するレベルを選択します。ドリル出力についてはL1側からの貫通穴ということでレベルは「1」(L1側のレベル設定が1の為)とします。
      ※レベル設定はお客様各社規定によって異なります。
    • 「レポートファイル」:ログとして出力するファイル名を指定します。フォト出力は各レイヤーが1つのログになりますので、ファイル名は同じです。
  3. 各項目の入力が終了したら、画面右上の『実行』ボタンをクリックしてください。
  4. ガーバー出力実行後、指定のフォルダにデータが作成されます。
    レポートについてはエラーのないことを確認します。
    • フォトデータ   *.phot
    • フォトデータログ phot.log
    • ドリルデータ   nc.drl
    • ドリルデータログ drl.log
    • CADの図形と出力したガーバーデータの差分チェックレポート *.gprep
    • CADの図形と出力したガーバーデータの差分チェックをレイアウトエディタで確認するファイル *.gperr
    ■基板製造に必要になるファイルは下記のデータです。
    • 各レイヤーフォトデータ *.phot
    • フォトデータログ    phot.log
    • ドリルデータ      nc.drl
    • ドリルデータログ    drl.log

Step 2製造指示書の入力

  1. 製造指示書として、以下のように各層とファイル名称をメモ(*.txt)にまとめて同一フォルダに保存します。

Step 3データのアップロード

以上のデータを1つのファイルに入れて圧縮し、ログイン後にご登録ください。