プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. 一般CADのガーバー出力方法一覧
  3. ガーバーデータ出力方法「Altium(Protel)」

ガーバーデータ出力方法
「Altium(Protel)」

P板.comでは、Altium(Protel) より出力したガーバーデータで数々の製造実績がありますので、出力したガーバーデータで安心してご発注いただけます。

Step 1ガーバーデータの出力

  1. Design Explorer DXP を起動し、基板データを開いてください。(ここでは例として、LCD Controller.pcbdocという基板データを使用)
    メニューバーより、
    「File(F)」「Fabrication Outputs(F)」「Gerber Files」をクリックしてください。
  2. 下記の「Gerber Setup」ウインドウが表示されます。「Layers」タブをクリックして、出力したいレイヤーのplot欄のチェックボックスにチェックを入れてください。ここでは、例として以下の画面に示す設定で話を進めます。 「OK」ボタンをクリックすると、ガーバーデータが出力されます。
  3. 必要なガーバーデータが出力されていることを確認します。以下のファイルが生成されていることがわかります。
    • 部品面パターン - *.GTL
    • 半田面パターン - *.GBL
    • 部品面シルク - *.GTO
    • 半田面シルク - *.GBO
    • 部品面レジスト - *.GTS
    • 半田面レジスト - *.GBS
    • 内層電源層、GND層 - *.GPx(xは層の番号):4層の場合のみ
    • 外形線 - *.GM1
  4. 基板データ(LCD Controller.pcbdoc)がある同一フォルダに Projects outputs for LCD Controllerが生成されて、そのフォルダ内に以下のガーバーデータが出力されます。
    • 部品面パターン - *.GTL
    • 半田面パターン - *.GBL
    • 部品面シルク - *.GTO
    • 半田面シルク - *.GBO
    • 部品面レジスト - *.GTS
    • 半田面レジスト - *.GBS
    • 内層電源層、GND層 - *.GPx(xは層の番号):4層の場合のみ
    • 外形線 - *.GM1

Step 2ドリルデータの出力

  1. 次にドリルリストの出力を行います。
    Design Explorer DXP を起動し、基板データを開いてください。(ここでは例として、LCD Controller.pcbdocという基板データを使用)
    メニューバー より、
    「File(F)」「Fabrication Outputs(F)」「NC Drill Files」をクリックしてください。
  2. 下記の「NC Drill Setup」ウインドウが表示されます。ここで、例として設定をデフォルトのままにします。「OK」ボタンをクリックすると、「Import Drill Data」ウィンドウが表示され、また「OK」ボタンをクリックするとドリルデータが出力されます。
  3. 必要なドリルーデータが出力されていることを確認します。以下のファイルが生成されていることがわかります。
    • ドリルデータ(NCデータ)*.txt(アスキー形式)
  4. 基板データ(LCD Controller.pcbdoc)がある同一フォルダに Projects outputs for LCD Controllerが生成されて、そのフォルダ内に以下のガーバーデータが出力されます。
    • ドリルデータ(NCデータ) - *.TXT(アスキー形式)
    • ドリルリスト - *.DRR

Step 3製造指示書の入力

  1. 製造指示書として、以下のように各層とファイル名称をメモ(*.txt)にまとめて同一フォルダに保存します。

Step 4データのアップロード

以上のデータを1つのファイルに入れて圧縮し、ログイン後、ご注文時にご登録ください。