プリント基板の製造・設計・実装ならプリント基板のネット通販 国内シェアNo.1!のP板.com
ログイン サイトマップ よくある質問 検索

  1. プリント基板 P板.com TOP
  2. 一般CADのガーバー出力方法一覧
  3. ガーバーデータ出力方法 「K2CAD 」

ガーバーデータ出力方法
「K2CAD 」

P板.comでは、K2CAD より出力したガーバーデータで数々の製造実績がありますので、出力したガーバーデータで安心してご発注いただけます。

Step 1ガーバーデータの出力

  1. K2CADを起動し、基板データを開いてください。(ここでは例としてtest.kcdという基板データを使用)
    メニューバーより
    「ツール(T)」「CAMデータ出力」をクリックしてください。
  2. 下記の「CAM データ出力」ウインドウが表示されます。以下で示す設定で「実行」ボタンをクリックすると、出力されるデータの種類は:
    • part pattern : 部品面パターン
    • solder pattern : 半田面パターン
    • part silk : 部品面シルク
    • part regist : 部品面レジスト
    となります。
  3. もし、出力させたいデータの種類が上の設定だけで足りなければ、以下の方法でデータを追加することができます。
    「CAM データ出力」ウインドウが表示された状態で「パターン(s)」ボタンをクリックすると、以下の「レイヤーパターン」ウィンドウが表示されます。
  4. 「レイヤー選択(L)」をクリックすると、以下「レイヤー選択」ウィンドウが表示されます。ここで、出力させたいデータの種類を選ぶことができます。ここでは例として、半田面シルクデータを追加することにしますので、半田面シルク図形のチェックボックスをチェックして、「OK」ボタンをクリックしてください。
  5. 「レイヤーパターン」ウィンドウに戻って、名称とファイル名を記入する。(例として:名称をsolder silk,ファイル名をsolsilk.gbrとする)
    「追加(A)」ボタンをクリックしてください。
  6. また、同じような方法で他のデータも追加することができます。ここでは半田面レジストデータが追加されたとして、話を進めます。
    下記の「CAM データ出力」ウインドウが表示されます。以下で示す設定で「実行」ボタンをクリックすると、出力されるデータの種類は:
    • part pattern : 部品面パターン
    • solder pattern : 半田面パターン
    • part silk : 部品面シルク
    • part regist : 部品面レジスト
    • solder silk : 半田面シルク
    • part regist : 半田面レジスト
    となります。
  7. 基板データ(test.kcd)がある同一フォルダに以下のガーバーデータが出力されます。
    • pregi.gbr(部品面レジストデータ)
    • prt.gbr(部品面パターンデータ)
    • psilk.gbr(部品面シルクデータ)
    • sol.gbr(半田面パターンデータ)
    • solregi.gbr(半田面レジストデータ)
    • solsilk.gbr(半田面シルクデータ)

Step 2ドリルデータの出力

  1. 次にドリルリストの出力を行います。
    メニューバーより
    「ツール(T)」「CAMデータ出力」をクリックしてください。
  2. 下記の「CAM データ出力」ウインドウが表示されます。「ドリルデータ(D)」のチェックボックスをチェックして「実行(E)」ボタンをクリックしてください。
  3. 基板データ(test.kcd)がある同一フォルダに以下のドリルデータが出力されます。
    • ana.html/ana.txt(ドリルリスト)
    • ana.drl(ドリルデータ)

Step 3製造指示書の入力

  1. 製造指示書として、以下のように各層とファイル名称をメモ(*.txt)にまとめて同一フォルダに保存します。

Step 4データのアップロード

以上のデータを1つのファイルに入れて圧縮し、ログイン後にご登録ください。